どら・ねこ・ししの放浪記。

オンラインゲーム「トリックスターラブ」の近況報告であったはずである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るぁー

描くことないけど更新してみる。

スマブラXもやらなくなったしTODDCもやってないしラタトスクとか新しいのも買ってないし・・・。
元々ゲームで無意味に過ぎてった時間が最近より無意味に過ぎていく気がするのは木の精ですか。

一昨日だかちょっと息抜きとROに入ろうとしたら課金切れでした。( ´ω`)
いやむしろ切れてて良かったとは思うけど、なんか悲しいぞこんチクショウ。
My ぷりぃすとはいつになったら転生できるのやら・・・。

Gvに関してはちゃんとやると言いつつ早速サボりまくってますが、7月いっぱい勘弁してください。
脳みそが大分死んできてる気がしますこんチクショウ。







       *     *     *







あれは何年前だったか。小学校で、今となっては懐かしい水道の蛇口で水を飲んだとき
一度にたくさん水を口に含んでも飲み込むときは数回に分けて飲んでいることに
なんでか知らんが初めて気づいた。

何故、わざわざ分けて飲むのか?否、それよりも一度に飲むとどうなるのか?

子供ってのは無謀なもんで、気になったら行動せずにはいられんのです。
思うが早いか喉の渇きは既に癒えたにも関わらず、再度蛇口に口を近づけ口いっぱいに水を含んだ。
それだけだけど、準備は万端。
疑問を解決すべく若き日のふぇりあーどさんは一息にその水を飲み込んだのである。







       *     *     *







 その後、彼の行方を知るものは誰もいなかった。







       *     *     *








「水は高速で回転する物体に接するとコンクリートの様に固くなる」。
だからドライブのかかったビーダマンの弾は水の上を走るんだ!

僕はビーダマがコンクリートより固いことを初めて知った。


1,2ヶ月まったくやってなかったけど現実逃避に2,3回やってみたスマブラWi-fi対戦。
Wi-fi独特の操作感も大分慣れた感じもします。
どうでもいいけどDXやってる人はXに慣れる→DXの感を戻す→もっかいXってやるといい気がする。
発売から半年近く経って今更アホかって感じですが個人的キャラ使用感第2弾~。


 ・メタナイト
剣士キャラは体に対してリーチがある分戻りのところで若干隙が出来るもの(by サンジ)。
しかし1頭身には関係ないようで、全キャラ、DXまでさかのぼっても飛びぬけて速いキャラ。
ダッシュ速度はもちろんのこと、ダッシュの初速・緊急回避・総合的なワザのスキ、
それら全てが異常なまでに速い。その上、威力高めの下スマッシュや上B、また高い飛翔性能による
場外追撃も可能とスピード狂にはたまらないキャラ。
が、剣は持っててもやっぱりリーチの伸びはイマイチで前述のように撃墜を狙えるワザはあっても
総合的な火力は低め。またあまりにも速すぎて慣れないと操作が追いつかないことも。
自分はよく緊急回避が1回余計に行われます。「大事なことなので2回やりました。」
素早さを生かし地上からならダッシュ攻撃やつかみなど、空中からは360度に長判定のニュートラル、
飛び道具もないのでガンガン接近していきたいところ。
ちなみに上Bは割と上に攻撃範囲が伸び、以外に威力もあるので積極的に使って慣れていこう。
また、飛翔(滑空)の限界は距離ではなく高度。はじめに飛び始めた位置より上には飛べず
逆に高度をオーバーしなければいくらでも飛び続けることができる。終点の下などを飛翔で
くぐり抜けられるのはこのため。
他上Bを使わなくても空中ジャンプ後ジャンプ押し続け+スティック前倒し続けでも滑空可能。
さらにこの後残っていれば空中ジャンプ、上Bを使うことができるため、よほど下に吹っ飛ばない限り
メタナイトが復帰できないことは無いに等しい。ただし、空中ジャンプを全て使い切った状態で
前述の方法にて滑空を使うと滑空終了後いわゆるしりもち落下状態になる。上Bも使えない。
滑空中Aを押すと滑空時専用の斬りが出る。射程も長めで出も速く高威力、技モーションも短い
超性能だが、発動後着地するまでしりもち(ジャンプが残ってる場合は未検証)なので
出来る限り地上スレスレで使いたい。上空から急降下して奇襲しよう。
ちなみに滑空状態で着地すると転んだ状態に近くなるので、敵がいなくても着地前に斬りを出した
ほうがスキが減る・・・かも。


最後の切りふだ:「ギャラクシアダークネス」とかいうらしい。Bを押すとマントを翻す。
          マントは割と大きくなるが、これが外れると しかし なにもおこらない。
          マントに敵が当たると(複数可)敵が白く点滅し画面が暗転。
          暗転が解ける直前にマントに当たらなかった敵に軽めの攻撃を入れ、
          直後暗転が解けると同時にマントに当たった敵に重い一閃を叩き込む。
          軽い斬りの範囲はほぼ全画面らしく、タイミングも分かりづらいため
          実質全画面必中攻撃。それなんてタブーと言いたくなるが大丈夫、
          軽いのじゃそうそう吹っ飛ばない。いやまぁタブーは一応避けられるけど。
          ちなみに重いほうも切りふだの中では威力控えめ。
          尚、マントに当たらなければ暗転中でも動けるが当たると一切動けない。


結論:とりあえず速さに慣れろ。話はそれからだ。




 ・ピカチュウ
皆さんお馴染み、日本が誇る電気ネズミ。ワザのモーションや機動性はほぼ前作と変わらない。
・・・のだが、前作からリーチがほとんど減退しておらず相対的に有利に。さらに下Bかみなりが
判定時間増加・落下中のかみなり威力増加・衝撃波発生時無敵有り・発動時硬直大幅減退と
笑えるほどのチートが入った。空中でジャンプにより慣性をつけながら、
或いは垂直落下時に発動などスキをリードする手段もいくらでもある。
さらにかみなりが発生する高度もDXより上になり、発生自体もかなり早い。
飛ばされて不用意に頭上に行くとダメージが低くても不意のかみなりで即死する。
またスキが少なく前後に対しほぼ同様の攻撃判定が発生、さらにやたら長い判定時間を誇る
下スマッシュねずみはなびが、ヒットストップずらしの劣化に伴い凶悪なワザに。
ピカチュウ本体より一回り大きい判定が全体を包むため突っ込んでくる相手に合わせると
最早バリア。飛び道具はさすがに防げないが、近接攻撃で当たり負けすることはまれである。
もちろん、その場緊急回避、背面取り緊急回避をつぶすのにも有効。
横スマッシュのショート電撃もピカチュウ本体から離れた長い電撃が発生するため
これまた突進に合わせて使うと壁になる。素早い部類に入るキャラだが、
上はかみなり、横はねずみはなびと攻撃を受ける側としては極めて便利なワザを持つので
積極的に突進するより、でんげきなどで相手を挑発し迎撃したい。
4人対戦で打ち上げられた敵を見つけたら無理の無い程度にそそくさ移動。かみなりで葬ろう。
ちなみにジャンプで慣性をつけ空中ででんげきを使うと相手の距離によっては
でんげきの着弾と同時にピカチュウ本体が攻撃できる。空中での弾速が遅いでんげきならでは、
スマッシュ入れるなりつかむなりしてスキ無く接近する。ただし、ジャンプで避けられると
逆にこっちがスキだらけ。接近を読まれないよう積極的にでんげきは使っておき、
相手の動きを良く見て接近するかを決めたい。
ちなみに空中攻撃は空中後ろグライダーが連続ヒットになったこともあり全体的にいまひとつ。
ピカチュウを狙うなら空中で、逆に空中で襲われたら無理はせずに緊急回避でやりすごす。
もっともヘタに近づくとかみなりに巻き込まれるため油断は禁物。


最後の切りふだ:「ボルテッカー」とかいうらしい。発動すると一定時間ピカチュウが巨大な
          電気の球になり、重力を無視して飛び回る。球自体大きくスピードも割とあるが
          曲がろうとしても小回りがきかず公式にあったように振り回されるため、
          ヘタに使うとまったく敵に当たらない。が、発動後一切上下に動かず
          左右だけ入力していると上下に揺れながらも横方向を往復できる。
          というかむしろ揺れることで逆に範囲が増加。
          神殿など上下に高低差があると当てづらいが定番の終点だと
          かなり避けづらい。効果時間終了間際になると弾速が落ち、
          慣性もなくなる(威力は落ちない)。また、Aを押すとスパークし
          より強いダメージに。敵に重なる瞬間を見計らってAを押そう。
          うまく使えば敵にかなりのダメージを与えられるが、その一方
          ふっとばしはほとんどなく、このワザで画面外にできることは
          まずないと言っていい。多人数ではせっかくダメージを溜めたキャラを
          他のプレイヤーに撃墜されないように。


結論:「かみなり」や「ねずみはなび」のタイミングをいかに掴むか。
    相手の心理にも関わるため、CPUより対人戦で慣れていきたい。







       *     *     *









・・・睡眠時間削って何やってんだろうね自分は。色々と間に合うかしら・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dns.blog57.fc2.com/tb.php/22-d17efdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。