どら・ねこ・ししの放浪記。

オンラインゲーム「トリックスターラブ」の近況報告であったはずである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼぉぉぉぉぉぉっ

「絶対に押すな!!」

そう書かれると押したくなるってのが人の性とはよく使われるネタであるが、
実際そんな言葉が書かれたスイッチなんてないだろう。
そう思っていた時期が僕にもあったようななかったような。


あるものが存在しないことを証明するより存在することを証明することのほうが簡単であり、
また存在するものを否定することは不可能に近い。
なんにしろ今の僕には今目の前に存在する「ぜったいに おすな!」と書かれたスイッチの存在を
否定する術などあろうはずも無かった。

実際問題「押すなって書いてあったら押さないだろ・・・」とか考えてはいたが、
ここまでベタだと別の意味で押したくなってしまう。
いやそもそもそういう心理がネタにされていたのかもしれないが。



しかし、これを押すと何が起こるのだろうか?



半ば使い古されたネタなだけに製作者側がギャグのつもりで作った、というか
書いたであろうことは想像に難くない。
だが、万が一ということもある。お約束通り自爆装置が発動するとか、
ミサイルが発射されるとか、足元に穴が開くとか、タライが落ちてくるとか。
タライは半分ギャグだが全体的にご遠慮願いたい。ていうかタライ痛いぞアレ。
なんにしろギャグですめばいいが、本当に何かヤバイことが起こってしまったら・・・。



   ・・・何を危惧しているんだ?

僕がこのボタンに対し何を期待しているのか。
それは何も起こらないとか「こんなボタンに まじできたいしちゃって どうするの」とか
そんなからかいのメッセージが出ることではない。
いわゆる「お約束」。それを期待して押そうとしているのだ。

リスクは無い。
期待したことが起こればそれでよし。
起こらなくても何もない。
ならばチャレンジしてもいいではないか。

僕は人間の性に抗うことなく勢いよくそのボタンを押し込んだ。










      *      *      *











その後、ボタンが押し込めないダミーであったことを知り僕は指と心を痛めた。



ラタトスク、料理システムが無ければまだ育成ゲームとしては面白かったのになぁ・・・。
装備の追加効果とかステータスとかがかなりぶっ飛んでて2周目以降やろうと思えば
どこまでもいけるゲームシステムはうれしいんだけどLv上がるごとに毎回食わせるのは・・・。
それにプレイヤーキャラが2人だけとか前作組レベルあがらなくて2週目以降使えないとか
せっかくなんだからレベル上限999とかにしてくれればよかったのにとか
それ以前に全体的にセンスのかけらも感じないとかまぁ言いたいことはたくさんありますが、
マルタといい術士系モンスターといい魔法の化けっぷりに開いた口が塞がりません。
メテオスウォームで1発64kとかどこのイチローだ貴様。






      *      *      *







先週のGvにて。

「牛髪型から無理な件」
「んじゃストパかけた牛で」
「うしちちでよろしく」
「ベンチつけてくらさい」


ベンチは描けなかったので付きませんでしたが、結果こうなりました。
・・・こういうの苦手な人もいそうだけどまぁいいよね。

ushi2.jpg

「装備変わってんじゃねーか」とか「ストパどころか髪伸びてるよ」とか「ぎゅうにゅう だったのに・・・」とか
色々あると思うが気にするな。
しかしなんかこうアンバランスというか・・・まず顔でかいよねという。

胸が無ければ牛角着けた龍に見えなくもない・・・かも。
まぁロン毛キャラは描きやすいよねというそういう話でした。顔の輪郭難しい。
とにかく練習しないとお話にならんですが、テイルズのキャラとかも描いてみたいなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dns.blog57.fc2.com/tb.php/25-8e5114b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。